社員数と企業の規模との関係

会社の規模は社員数で確認することも可能です。社員数が多ければ多いほど規模が大きくなるのは当然のことです。大企業ともなると数百人、数千人規模の社員を抱えているところもありますから、そうした企業への就職を目指す人も多いのではないでしょうか。この会社の規模と社員数の関係についてはいくつかの面で確認しておくべき部分があります。まず社員数と経営規模や経営状況は必ずしも比例するとは限らない点です。とくにIT関連の企業の場合、社員数は必ずしも多いとはいえないにも関わらず、国内でも屈指の経営規模を誇っているところが少なくありません。もうひとつ注意したいのが経営の多角化・分社化を進めている企業・グループの場合。分業の徹底によってひとつひとつの企業の社員数が少なくなっているため、より広い視野に立って会社・グループの規模を確認する必要もあるのです。あとは正規雇用と契約社員・アルバイトの区別。自動車業界などは大量の季節労働者を雇用しています。この場合、社員数の数は規模の大きさと直接結びつく一方、雇用形態によって収入や雇用環境に大きな差が生じる可能性があるので事前によく確認しておくことが求められます。こうした点をチェックした上で社員数をチェックし、その一員になることでどのような環境で働くことになるのかをイメージしておきましょう。

'); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?>